×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

千趣会 ベルメゾンは女性の強い味方!情報!

千趣会 ベルメゾンは女性の強い味方!

カテゴリー :千趣会 ベルメゾン

毎日の生活をもっと楽しく送りたい。人に自慢したいことや、教えてあげたいことがたくさんある、そんな素敵な生活を送っている人が集まって、それぞれの生き方や、暮らし方を多くの人と共有しながらみんなで作っていくサイト「くらしのたまご」くらたまっていうサイトがあります。
千趣会 ベルメゾン生活スタイル研究所というところが主催しているそうです。女性の大敵「冷え症」対策のグッズを研究したり、それを防ぐものを開発しちゃったり、今話題のエコバッグの研究だったり、生活の中で必要かつ、重要なことを話題にしてくれているので、とてもためになります。ものつくり会議というものがあって、そこで集まった人たちが話題になっていることを議題に話し合いを重ね、欲しい商品をカタチにしていく・・・そんな場があるなんてすばらしいですよね。消費者の側にたった主婦が考えることなので 無駄もなく、生活の知恵にあふれています。
ベルメゾンは 女性にとってとても役に立つ情報や 商品を提供するために日々努力重ねているっていうことですね!

コラム > 千趣会 ベルメゾンは女性の強い味方!について書かれています。

千趣会 ベルメゾン生活スタイル研究会

カテゴリー :千趣会 ベルメゾン

カタログ「ベルメゾン」やオリジナル商品の頒布会を通じて、女性たちの生活に便利と快適を届けてきた千趣会は2005年、創業50周年を迎えました。その記念事業の一環として2004年5月に「ベルメゾン生活スタイル研究所」を設立しました。
千趣会が歩んできたこの50年は、まさしく私たちが歩んできた時代で、日本の社会構造が劇的に変化した時期でした。戦後から高度成長期、オイルショック、バブル期、そして IT化・グローバル化が加速する今日へと至る過程で、日本人のあり方や生活が大きく様変わりしてきました。
家庭から社会に進出していく女性たち。
千趣会の「ベルメゾン生活スタイル研究所」は、千趣会が日本の女性たちの生活に密接に関わってきた半世紀の蓄積を基に設立した研究機関です。これまでに培ったノウハウを生かして多面的な研究活動を展開し、女性たちの生活スタイルの動向を見つめていきます。そしてその分析や検討を通じて、意識の変化や新しい価値観の芽生えをとらえ、これからの方向性を予測することで、明るく健康的で豊かな日本の生活文化と社会の発展をささえていく・・・。つまりは、女性から未来が生まれるって言うことなのでしょうね!

コラム > 千趣会 ベルメゾン生活スタイル研究会について書かれています。

千趣会ベルメゾンと環境問題

カテゴリー :千趣会 ベルメゾン

千趣会が発行するベルメゾンのカタログは年間約1億冊、約4万トンのパルプを消費しているんですって。紙を使うということは、木を伐採するということ。そこに視点をあてることはとても大事なことです。
千趣会では紙問題は最大の環境問題であると認識し、1993年からオーストラリアで約24000ヘクタール規模の植林事業に参画してるそうです。木を植え、育てる。育った木を伐採して紙の原料を作る。再び木を植える。少しでも多く、そして近い将来の自給自足のために・・・。
人と環境、地球との関わりを考えることは、それは私たちの未来を考えるということにもつながりますよね。
昨今、自分たちの利益ばかりを追求して、地球にも環境にも優しくない企業が多い中、自分たちがかかわる環境問題を、自分たちの手で見直していくために会社一丸となって真剣に取り組む・・・
千趣会の会社のスローガンは「Think the Earth,think the future」だそうです。
千趣会ってすばらしいですね。ベルメゾンでものを買いたい気持ちになりますよね!!

コラム > 千趣会ベルメゾンと環境問題について書かれています。